小4の壁といわれる学童保育が小6に拡大

学童保育は以前までは小学校3年生までが利用できて、4年生などそれより上の学年になると利用することが出来ませんでした。小4の壁とも称され、対象を拡大してほしいという声が高まっていました。児童福祉法の改正に伴い、2015年4月から対象学年が拡大し、小学校に就学している児童すべてが対象となりました。これに伴い、小4や小5、小6の児童も受け入れる体制が作られることとなったのです。ただ、すぐに利用できない自治体もあり、実情も様々です。小4とはいえ、まだ10歳前後で家に1人でいさせるのは安全面から見てまだ不安なところがあります。学童保育の対象年齢が拡大したことで、親も安心して働きに出ることが可能となります。あとは、自治体や民間の学童保育がどのように運営するかにかかっています。

今後見られる学童保育の受け入れの傾向とは

今までは小3までの児童が学童保育の対象となっており、4年になると利用できなくなって母親が苦悩するという光景が全国的に見られました。こうしたこともあり、対象年齢の拡大につながるのですが、単純に言えば、対象範囲が倍になることを意味し、希望者すべてを受け入れるのが難しいことになります。自治体によっては小3までの児童の受け入れを優先し、受け入れ人員が余れば4年以上の児童を受け入れるという方針のところもあれば、空くのを待ってもらう、もしくは別のところに誘導するところもあります。対策として、別のところを探すことや友人の家に預けてもらう、習い事に通わせるなどがあります。小6まで通わせられるならずっと通わせておこうということは難しく、ある程度の計画性が今後は求められることとなります。

小6でもやはり1人にさせるのは不安

最近の小学生は昔の小学生と比べて成長も早く、スマートフォンを器用にいじることができるなど、大人のような子も存在します。とはいえ、小学生であることに変わりはなく、親からすればたとえ小6であっても一人にさせることはとても心配です。習い事に通わせる親が増え、学童保育をすぐに利用するかどうかは分からない面もありますが、習い事にもお金がかかります。学童保育はおやつ代などで1万円に満たない額で預かってもらうことが魅力的です。親としては子供になんかあってからでは遅いと考えるため、なんとか学童保育に入れさせることはできないかと考えます。最近では送迎をしてくれる学童保育もあり、使い勝手のいいところを探すというのも1つの手です。子供を1人にさせない親の苦悩は今後も続きますが、対象年齢の拡大で少しは安心できる面が出てきたといえます。